鳥・撮り・BIRD

鳥・撮り・BIRD イメージ画像

更新情報

廻堰溜池は岩木山の近くにあるため、良く天候が変わり、虹も多く見られますこの日も雨雲レーダーを見たら、小さい雨雲が次々と岩木山周辺を通り過ぎることがわかったので、早速現場へ直行!!虹は既に出ていましたが、広角レンズがないためスマホで撮影でも、全体が写りませ
『◇廻堰大溜池(通称:津軽富士見湖)シリーズ・・その4◇』の画像

第3弾はハクガンです10月のマガンの渡り・・・よく見るとその中に白い鳥が混じっていますハクガンです。この日は13羽程度ですグルグルと池の周りを廻り、中々降りません鶴の舞橋の上空を飛んでくれましたやっとマガンの群れの中に降りて、中州は一層にぎやかになりました次
『◇廻堰大溜池(通称:津軽富士見湖)シリーズ・・その3◇』の画像

第2弾はマガンですマガンの渡りも10月の半ばから見られました。私が訪れた時でもこんなですから・・・今では全部で1000以上はいますね!マガンと一言で言いますが、中にはヒシクイやシジュウウカラガンも含まれていますガン達は、夜明けとともに一斉に食事場所へ飛び立ちま
『◇廻堰大溜池(通称:津軽富士見湖)シリーズ・・その2◇』の画像

11月に入って冬鳥の渡りも一段落し、渡りの中継地点として有名な岩木山の裾野にある通称津軽富士見湖では、休憩中の様々な鳥たちを見ることができます。最初はコハクチョウです。コハクチョウの渡りは、10月の半ばから見られ、今は一段落しています。白鳥はマガンより遅く、
『◇廻堰大溜池(通称:津軽富士見湖)シリーズ・・その1◇』の画像

10月も半ばを過ぎると、次々と冬鳥が渡って来ました。岩木山の裾野にある通称津軽富士見湖は、渡りの中継地点として様々な鳥たちが見られますまずはコハクチョウですそしてマガンやヒシクイの群れ昨年は11月に入ってから100羽を超すハクガンが見られましたが、今現在は10数羽
『◇冬鳥到着◇』の画像

飛来したばかりのカモは、エクリプスと言って非繁殖期の羽なので地味な色をしていますこの鳥はマガモですが、オスはだんだんと羽の色が変化し、派手な色(婚姻色)になります一週間後に同じ池に行ったら、緑が増えてました混乱しますが、カモ類の羽換は秋から冬にかけて派手
『◇カモの羽(エクリプス)』の画像

この時期になると、そろそろ稲刈りの準備が始まるので農道は交通量が多くなりますが、農家の邪魔をしないように車をギリギリ端の方に止めてノビタキを探しますこのころのノビタキはまだ余裕で、田圃の方には行かずに雑草の中にいます居るといってもなるべく背の高い枝にぶら
『◇稲刈りの田んぼでノビタキ◇』の画像

↑このページのトップヘ